熊本大学「有用植物×創薬システムインテグレーション拠点推進事業」

UpRodとは

プロジェクト

プロジェクト紹介

私たちは、創薬志向型植物データベースや有用植物へのアクセス、オリジナル天然物バンクの構築を通じて、自然生態系と人々の健康が共生・調和する、持続可能(サスティナブル)な社会形成に貢献する創薬・健康関連事業を展開しています。

創薬の流れ

基盤構築・事業化PJ2では、UpRodが有する天然物バンクと創薬プラットフォームを基盤に、創薬・健康食品開発のための個別研究を、研究室の枠を越えたチーム体制で実施しています。

製剤製品ラボ

製剤機器メーカー数社の協力を経て、製剤製造ラボとしての実質的スタートに向けて、現在準備中です。