熊本大学「有用植物×創薬システムインテグレーション拠点推進事業」

UpRodとは

プロジェクト

事業化プロジェクト PJ1生薬原料関連事業

生薬原料関連事業

生薬原料関連事業の概要

熊薬オリジナル栽培コンテナ(栽培実験ラボ)を利用した優良苗の育苗や、最適栽培条件の検討を経て、優良苗を圃場に移植し栽培実証試験を行うことで、栽培期間の短縮と、高品質かつ高収量な薬用植物の栽培方法を確立します。


高品質で高収率かつ安定的な栽培方法の確立と国内栽培の拡大

ミシマサイコ、カンゾウ

課題:汎用生薬原料にも関わらず国内需要の90%以上は中国からの輸入に依存

  • 栽培コンテナ外観 栽培コンテナ外観

    栽培実験ラボを用いた最適化栽培システムの構築
    (発芽→出芽→育苗期)

  • 露地栽培 露地栽培

    熊本大学研究圃場での栽培試験
    (生育→収穫期)

※ミシマサイコ、カンゾウは熊薬保存株